×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2006年夏 Part1 夏の珍客
前回の鐵発覚事件から数日.
その日も私は1時間弱の「旅」を終えて「松本ぉ〜」の声の中、ホームに出た。

てぇ、おぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!

何で四季彩がおるんや
(スンマソン、滅多にDJ誌買わんので

とりあえずここは


シキサイキタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
とりあえず落ち着けや
いや、落ち着けるはずがねぇ。
201、201が目の前にいるんよ。
「でも、ホリ快で走るんよ」
たわけっ、松本に来ているのに大きな意味があるんじゃ、
何故松本におるのかはちっとも分からんが.

とりあえずモハ200-263「秋」を。
ハァ゛ハァ゙…
息の弾みも収まったところでナンバーを。モハ201-263。
これは夏のラッピング。
ご覧の通りクハ201-134。
ご覧の通り、春のラッピング
こちらのクルマは夏と冬とがごっちゃになった感じ。
ミカンだかイヨカンを輪切りにするのは夏位かと。
冬のミカンは皮むいて...が私の中の常識
山間を流れる清流の表現が上手いかと。
奥多摩=紅葉のイメージがあるから、これが一番凝っているように思える。
1番線の115が行ったのでそこから。
ギリギリ...

この後例の、ヒュ―ン―を残して篠ノ井方面へ。
何処まで行ったのやら。




こんな具合に始まった今年の夏、何かありそうなw

2006年夏 Part2

撮影記