×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年夏(にはチト早いがな) Part1

気がつけばもう4月。
松本車両センターにこんな編成が停まっておりました。
E257には変わりありませんが、その車体には。

『風林火山』

言うまでもなくNHK大河ドラマとのタイアップなのでしょうが
(そうかいな?)今年の県内観光業界の一大呼び物ですから。

日光直通特急のラッピングには納得が行きませんでしたが
こちらには納得、満足。小綺麗でいいのでは?
↑の撮影が終わると、さっさとこちらへ移動。
夏になるとこの北アルプスとの取り合わせも難しくなるでしょう。
E127.
あの「8」という標識が一冬撮っていても未だにひっかかる。
このGTOサウンドも車内で聞いてから早4ヶ月。
大糸線にも乗ってみたいものです。
太田の好きな常念岳。町並みの向こうにあのトンガリ具合。
松本100景を選ぶとしたら、これが上位10位には入るなる

松本で太田の好きな風景と言えば、松本城堀沿いの桜並木。
道行く人も皆々眺めていく…と思えば毎日通っているY氏は「見飽きた」ってさ。
桜は何度見てもいい、と思うのが日本人共通の感覚かと思われるが…。
たまには城を順光で撮ってみましょう。
桜も入っていい具合。

この辺りで広丘駅橋上化工事のレポートを。
毎日通っているにも関わらず、いざ降りてみることは少ない。
そして、特集ページを作ろう、などと言っておきながら
未だに作成できないこの人。
跨線橋上からの定点撮影も。
これは今後とも大して変わらない気が。

まぁ、完成した暁にはこんなアングルも幻のものになるでしょう。
下りホーム上より。
正直、駅舎付近のホームの狭さが尋常じゃない…村井以上になりそう
そこにあのカンノの放送が流れるのだから凄まじいことこの上なし。

西口の撮影も久々。

「風林火山健参」
大会帰り,1836М車内からこれの入線に気づいた太田は「あっ」の
と言い残し,知人そっちのけで一番線へ。
風林火山の表示に雰囲気がある。

2007年夏 Part2

撮影記